社内ローンのリスクを考える

成果主義の普及により「定年まで同じ会社に勤め続けよう」と考えている人は昔よりは少なくなっていくように思います。

そうした現状の中で会社員の方に考えていただきたいことがあります。

住宅ローンなどを組む場合、やはり一番に考えるのは「より金利の低いローンを組む」ことです。

そしてもし勤務する企業に社内ローン制度などがありますとそれを利用するようになります。

また、労働組合などにカーローンやリフォームローンなどがある場合も金利が優遇されていますので社内のローンを利用したくなります。

しかし、こうした判断は自分の行動を狭めることになってしまいがちです。

将来、もしかしたら社内の人間関係に悩み、またもしかしたらヘッドハンティングされ、またもしかしたら独立心が芽生え、会社を辞めることが起こるかもしれません。

そうしたときほとんどの場合、社内ローンの全額返済を求められます。

しかしどんな理由にしろ退社する時というのは少しのお金でも必要になるものです。

そうしたときにローンを全額返済するのは無理があります。

そして退社をあきらめる…。

そうした事態を避けるためにも社外のローンを利用するべきです。

現在の社会はたくさんの種類のローンが銀行、消費者金融、クレジット会社で用意されています。

しかも数年前に比べますと格段の好条件になっています。

ローンを組むなら社外の金融機関で組むほうが長い目で見た場合安心です。
タグ:社内ローン

ローン(個人再生法)

もし住宅ローンが支払えなくなったら自己破産する以外に道はないのでしょうか。

自己破産したなら財産を全て処分して債権者の配当に充てなければなりません。

せっかく買った住宅も他人のものになってしまいます。

個人再生法は住んでいる家を処分することなく個人の生活を再建させる方法です。

個人再生法の最も大きなメリットは差し押さえの危険性がなくなることです。

将来利息の免除や元金も減額することができます。

家を手放すことなく債務を整理できるのです。

この法律は相手方(ローン会社)の同意がなくても、裁判所の許可を得られればローンの支払い期間を延長できる法律です。

ただし、元金や利息など支払うべき金額がカットされる性格ではないことに注意してください。

個人再生法の説明をしましたが、決して勧めているわけではないことをご理解ください。

ローンは返済するのが義務です。最初から返済するつもりがない人はローンを組む資格がありません。

この制度を利用するには裁判所が「再生計画案」を認可する必要があります。

安易な利用はできないものと肝に銘じてください。

ローンはあなたの生活を豊かにするものであり、苦しくするものではありません。

それを決めるのはあなたしかいません。


ローン金利入門

僕はキャッシングローンをたまに利用しているのですが、実は、僕は金利について漠然とはわかっていたつもりですが、本当はあまりよくわからなかったんです。

一応経済学部だったんですけど…。

今回勉強しましたので皆さんに役立てば幸いです。

一番単純に考えて、金利の計算方法がわからなかったんです。

調べましたら下記の計算式でした。

元金×年率÷365×日数=金利

これだと想像しにくいと思いますので具体的に使ってみましょう。

金利20%で10万円を30日間借りたなら…。

10万円×0.2÷365×30日=約1,643円

1,643円でした。

これが1年間だと約2万円になります。

やっぱりちょっと高いかな…。

でもキャッシングローンは僕にとって役に立つものだから必要です。

そこで僕は結論を出しました。
キャッシングローンは「短期間で返す」のが最もよい利用法です。

因みに「利子」と「利息」の違いが判明いたしました。

「利子」はお金を借りたときに増えるもので、「利息」はお金を預けたときに増えるものでした。

先ほど金利20%の例を出しましたが、現在はもっと低い金利のっキャッシングローンもたくさん出ていますのでよく調べてからどこでキャッシングローンを借りるか決めればいいと思います。

それにしてもローンの世界はよく調べなければいけませんね。
タグ:金利
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。