ローン借り換え(2)

やっとの思いで買った住宅も、その住宅ローンの支払いに辛い日々を過ごしている人は多いものです。

購入する前は「大したことない」と思っていた毎月の支払いも35年続くと思うと暗澹たる気持ちになります。

子ども大きくなるにつれてバカにならなくなる教育費、給料も「毎年少しずつでも増えていく」と思っていたのに会社の業績が思わしくなく反対に減っていく。

長期にわたるローン返済の間にはいろいろな予想外のことが起きるものです。

そんなとき「ローンの借り換え」を考えてみましょう。

まず覚えておきたいことは、同じ銀行内では「借り換え」はできないことです。

これ意外と盲点です。

次に「借り換え」をしたほうがよいのか、という判断基準です。

「借り換え」をしてもメリットがなくてはなんの意味もありません。

一般に、残存期間が10年以上で、ローンの残高が1,000万円以上で、新たに借りようと思っている金利差が1%以上あること、とされています。

この条件に当てはまらない場合でも、例えば残高が800万円で金利差が2%以上なら、借り換えのメリットはあります。

本気で考えているなら金融機関に相談することを勧めます。

借り換えで注意しなければならないことは新たに組むローンの返済期間は前のローンの返済期間の残り期間に限られていることが多いことです。

以上を参考にして借り換えに挑戦してみましょう。

ローン借り換え

住宅ローンを借りていると一度は考えるのが借り替えです。

住宅ローンの業界も時代とともに変化していきます。

一度決めたことを頑なに守るだけでなく柔軟な発想で対応するのが長期にわたる住宅ローンへの対応の仕方です。

まず自分の住宅ローンが借り替えができるかどうかチェックする必要があります。

公的機関のローンは借り替えができませんし、銀行によっても借り替えを認めていないケースもあります。

「借り換え」は今までの金利より低い金利に変えることによる支払い利息を減らすことがメリットです。

しかしデメリットもあります。

「借り換え」と言いましても結局はまた新たにローンを組むことですので諸経費がかかります。

ローン契約書印紙代や事務手数料、登記費用などこれらのコストも考えて「借り換え」の是非を考えなければなりません。

例えば金利4%で借入3,000万円、期間30年の場合、5年過ぎた時点で金利3%のローンに借り替えたなら年間返済額は約17万円減ります。

返済総額ですと諸費用を差し引いても約364万円軽減効果があります。

一般に借り替えは、金利差が大きく残りの返済期間が長いほど効果がある、と言われています。

是非、考えてみましょう。

注意する点は担保評価が担保割れしている場合は借り替えができないことが多いのでそうしたことも考慮に入れる必要があります。
タグ:借り換え

社内ローンのリスクを考える

成果主義の普及により「定年まで同じ会社に勤め続けよう」と考えている人は昔よりは少なくなっていくように思います。

そうした現状の中で会社員の方に考えていただきたいことがあります。

住宅ローンなどを組む場合、やはり一番に考えるのは「より金利の低いローンを組む」ことです。

そしてもし勤務する企業に社内ローン制度などがありますとそれを利用するようになります。

また、労働組合などにカーローンやリフォームローンなどがある場合も金利が優遇されていますので社内のローンを利用したくなります。

しかし、こうした判断は自分の行動を狭めることになってしまいがちです。

将来、もしかしたら社内の人間関係に悩み、またもしかしたらヘッドハンティングされ、またもしかしたら独立心が芽生え、会社を辞めることが起こるかもしれません。

そうしたときほとんどの場合、社内ローンの全額返済を求められます。

しかしどんな理由にしろ退社する時というのは少しのお金でも必要になるものです。

そうしたときにローンを全額返済するのは無理があります。

そして退社をあきらめる…。

そうした事態を避けるためにも社外のローンを利用するべきです。

現在の社会はたくさんの種類のローンが銀行、消費者金融、クレジット会社で用意されています。

しかも数年前に比べますと格段の好条件になっています。

ローンを組むなら社外の金融機関で組むほうが長い目で見た場合安心です。
タグ:社内ローン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。