親子ローンはよく話し合って

住宅ローンを組む際はいろいろな条件があります。

その1つに年令制限があります。

多くの金融機関が返済終了年令に上限を設けています。

ですので60才で30年のローンは組めません。

そんなときに便利なのが「親子ローン」です。

「親子ローン」とは親子が連帯してローンを返済していく方法です。

民間、公庫ともにありますが、公庫の場合を例にとって紹介します。

公庫の場合は子どもの借入申し込み時の年令を基にして返済期間を選べます。

例え親が60才であろうと30年ローンは組めることになります。

ただ、問題点も考慮しておきましょう。

もし将来、「子ども自身の結婚」などなにかの理由で新たに家を購入しようと思ってもローンが組めないのです。

理由は子どもは親子ローンの連帯債務者になっているからです。

金融機関は住宅ローンが残っている人には新たに住宅ローンは組んではくれないのです。

また、少ないとは思いますが、もし親子でトラブルがありケンカなどして子どもが独立した場合、支払い能力がなくなることです。

人生はなにが起こるかわかりません。

親子ローンを組むときは親子で揃って契約書に署名をします。

このときに親と子どもともに強い意識を確認することが大切です。

親子ローンは親子の絆のバロメーターにもなります。

商工ローン選びは慎重に

数年前より商工ローンはあまりよい印象を一般の人に持たれていません。

確かに悪徳業者が存在するのは事実ですが、良心的な商工ローン会社もあることを知ってほしいと思っています。

商工ローン会社の存在がどれほど社会に役立っているか、お話したいと思います。

例えば、ある零細企業が「現在より更に成長したい」と考えている、とします。

その企業はまだ開業後間もなく実績が残せていないとします。

そういう企業の常として資金的にも余裕はありません。

ですので「借入をしてローンを組もう」と考えます。

しかし、そうしたとき普通の銀行は、中小零細企業を主な取引先とする信用金庫でさえ貸し出しに慎重になるものです。

そもそも企業は借金をしてローンを組んでまで成長を目指さなければならないのでしょうか。

答えは「イエス」です。

どんな大企業でさえ最初から資金があることはあり得ません。

みな最初は借金をしてローンを組んで開業するのです。

もし資金が貯まってから開業しようなどと考えている経営者はいつまでたっても開業できないでしょう。

ビジネスの世界はスピードが命です。

このようなビジネス界において銀行などが容易に貸してくれないときその需要を満たしてくれるのが商工ローンなのです。

商工ローンを慎重に選び、上手に活用することが企業を成長させる要因です。
タグ:商工ローン

ローンと生命保険

住宅ローンは長期にわたり返済する商品です。

その間なにが起こるかわかりません。

その「なにか」でもしあなたに万が一のことがあった場合返済が滞ってしまいます。

そうしたことを防ぐために住宅ローンを組むとき同時に生命保険に加入するようになっていま
す。

この保険を団体信用生命保険(以下「団信」と言います。

団信は金融機関がまとめて生命保険会社に申し込みますので一般の生命保険に比べて保険料が安くなっているのが特徴です。

また一般の生命保険は加入年令が高いほど保険料が高く設定されていますが、団信はそうした条件がありませんのでメリットがある保険と言えます。

住宅ローンには公的と民間とありますが、公的ローンは任意加入で民間は義務づけられています。

公庫は年間返済額が100万円のとき保険料は2,810円と割安になっています。公庫利用者の95%が加入しているのもうなづけます。

民間ローンは団信が義務となっており、ほとんどの場合ローン金利の中に最初から盛り込まれていますのであまり意識する必要はありません。

団信で最も大切なことは生命保険に入っていることです。

つまりほかの生命保険の保険額を減らすことも可能なのです。

意外と団信のことを忘れていてほかの生命保険に多く入っている人が少なからずいますので頭の隅に入れておきましょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。