ローン返済不能

せっかく手に入れた住宅。

しかしそのローンが支払えなくなったら…。

人生はなにが起こるかわかりません。

「いざ」というときのために返済不能になったときの知識は持っているほうがよいでしょう。

返済不能への対応を知っていてこそ自分に最適なローンが組めるというものです。

ローンにも公的と民間の2つがありますが、今回はローンの支払いが滞り、住宅金融支援機構(旧:住宅金融公庫)から「催告書をもらった」「担保不動産の競売開始決定をもらった」などローンの支払いができなくなったときの対応につてご紹介します。

まず、公的機関ですから遠慮をしないで「相談すること」をお奨めします。

返済期間の延長など対策をアドバイスしてくれます。

全体的な流れとしては6ヶ月の督促のあと、機構の債権は保証協会に移ります。

つまりその後は保証協会が返済を求めてくるのです。

保証協会は「任意売却」「競売手続き」へと対応を進めますが、売買が成立したとしても債務がゼロになることはほとんどありません。

その場合民事再生法や自己破産など対策はいくつかありますが、大切な事は「ローンを支払える範囲内で借入をする」ということです。

そして危険を感じたら恥ずかしがらず見栄を張らずに正直になるべく早く金融機関に相談することです。
タグ:返済不能

ローン返済の種類・方法

金融自由化といわれる現在、ローンを組むのは簡単ですが、ローンを返すのは大変です。

そうなのです。借りたものは返さなければならないのです。

その返し方にもいろいろと種類がありますのでよく理解していなければ損をしてしまいます。

住宅ローンなどでよく使われる返済方法として「元利均等返済」「 元金均等返済 」があります。

「元利均等返済」は毎回元金と利息の合計(返済額)が同じ金額になるように返済していく方式です。

これに対して「元金均等返済 」は毎回、一定額の元金を返済していく方式です。

この方式は「元利均等返済」に比べてローン残高が確実に減っていきますので借
りる側としては有利ですが、当初の返済額が多くなるので利用しづらく、一部の公的な住宅ローンでしか扱っていないのでが現状です。

これらのほかにローンの返済方法としては「アドオン返済」がありますが、この方式は「返済が終了するまで当初の借入金額をもとに利息計算される」ので表示金利より実質金利は高くなっています。

またクレジットの支払い方法の1つとして「リボルビング返済」があります。

これは月々の支払金額をあらかじめ決め、次に利用金額によって返済回数が決まります。

一般に「リボ払い」などと言われています。

お金を借りたなら必ず返さなければなりません。

返済方法の特徴をきちんと理解しておくことがお金を借りる第一歩です。

不動産担保ローン

誰にでもお金が足りなくなることってありますよね。

そんなときあなたはどうしますか?

「キャッシングローンを借りる」「消費者ローンを借りる」などいろいろ方法はあります。

しかしこうしたローンは利息が高いのが難点です。

そういうとき意外と知られていないのが「不動産担保ローン」です。

不動産担保ローンと聞くと、なにか「胡散臭さ」を感じてしまう人もまだまだ多いのが現状です。

しかし信頼の置ける金融機関を探せるならこれほど便利で有利なローンはありません。

便利で有利な不動産担保ローンですが、便利で有利なだけにある程度制限はあります。

まず、当然ですが、
(1)担保となる不動産があること
(2)返済能力があること

不動産がまだローンの残っている場合は、担保評価額から残債を引いた金額が融資上限額となります。

ですので購入後すぐは借りられないこともあります。

返済能力については、定期的な収入があるかどうかをみます。

もし収入の見込みがないなら融資を受けることができません。

しかし定期的な収入がない人が融資を受けられないのはどこの金融機関でも同じです。

また融資を受けて返済できないかもしれないというリスクも同様です。

あまり一般的でない不動産担保ローンですが、選択肢の一つに入れておくのもよいでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。