ノンリコースローン

通常の不動産ローンのことをリコースローンと言い、それに対してノンリコースローンがあります。

ノンリコースローンとはある意味安全安心なローンと言えます。

なぜなら債務者の返済義務が限られているからです。

返済義務が限られているローンほどうれしいローンはありません。

リコースローンは借主の収入などで返済能力を審査し、場合によっては連帯保証人などを求めます。

それに対してノンリコースローンの担保となるのは融資対象物件の収益性や将来の処分価値のみです。

こうしたローンを「非遡及型融資」と言います。仮に担保となる物件を競売で売却しても債務が残ったとしても一切返済義務は生じません。

日本ではまだ追加担保や個人保証を求めるリコースローンが一般的となています。

このように特殊なローンですのでローン会社は不動産の価値を正確に評価できる能力やリスクに対する判断力が求められています。

またリスクが高いローンですので高い金利となっているのが普通です。

ノンリコースローンを受けるために「特別目的会社」を設立するのが一般的です。

また、今後金融界の競争が激しくなるにつれノンリコースローンの割合は必ず増えるでしょう。

すでにアメリカではローンの主流となっています。

サラ金

 
最近はあまり使われなくなりました「サラリーマン金融」という言葉。

略して「サラ金」と言っていました。

現在は「消費者金融」と言っています。

名前は変わっても内容は「キャッシングローン」です。つまり無担保でお金を貸してくれる金融商品です。

「サラ金」という表現は<高利>または<恐い取り立て>といった悪い印象を与えますが、「消費者金融」は<庶民の味方>といった印象があるのでしょうか。

実際、消費者金融はサラ金時代に比べ<借りやすく><低利>となってきました。

しかし、一部の業者に悪徳業者もいますので利用する消費者ローン業者が<安心かつ安全な業者>であるか、しっかりと見極める必要はあります。

「無担保ローン」ですから「住宅ローン」などより金利は高めになっていますが、ローン会社側のリスクを考えるならそうなってしまうのかとも思われます。

ローンの利用者はこうしたことを考えてうまく活用しましょう。

かつては銀行などは「手間がかかる割りに儲からない」「リスクを恐れる」あまり消費者ローンの世界に足を踏み入れませんでした。

最近になり少しずつ進出するようになってきました。

「安心安全な消費者ローンを利用したい」と思っている方は消費者ローン会社のうしろに控えている金融機関を参考にするのも選択法の一つです。
タグ:サラ金

グレーゾーン

「グレーゾーン金利」という言葉を知っている方は消費者ローンに興味を持っている方です。

国会でも取り上げられましたのである程度は浸透しているのではないでしょうか。

ローン、特に消費者ローンを利用している方は知っていなければならない言葉です。

日本語に直訳すると「灰色」ですが、つまり「あいまいな金利」というわけです。

ローンには必ず金利がつきますが、金利には<利息制限法>と<出資法>という法律があります。

これらの法律によって消費者はローン会社から守られているのです。

しかしこの2つの法律には<すき間>があります。

この<すき間>をグレーゾーンと言っています。

更に詳しく言いますと、
利息制限法に定める上限金利と出資法に定める上限金利の<すき間>を指します。

消費者ローン会社はこの<すき間>の存在によって存続できていますが、最近になり<すき間>を埋めるべきである、という考えが国会などで論議されています。

<すき間>を埋めることは簡単ですが、問題点としては「この<すき間>を利用していた消費者が借りる場所がなくなることです。

そうした消費者は無法地帯という「闇金」に向かわざるを得なくなってしまいます。

人生も金利も杓子定規に決めすぎては生きづらくなるのは同じです。

<すき間>はローン会社だけに必要なのではなく、消費者にも必要な場合があります。

あなたはどちらを支持しますか?
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。