未払い利息

経理の仕事に従事している人でなくとも気をつけなければならないのが住宅ローンの「未払い利息」です。

変動金利型ローンの欠点である「未払い利息」を見落としている方がいます。

住宅ローンを組んでいる方で変動金利型を選択している人は注意をしなければいけません。

変動金利ですから金利が上昇したときは本来は支払額は増える必要があります。

しかし基本的に住宅ローンの支払額は5年毎にしか変更されません。

支払額は変わらないのに金利だけは上昇しているのです。

これはなにを意味しているのか?

答えは支払額の中身が変更されているのです。

金利が高いときは中身の利息の部分が多くなるのですが、利息部分が毎月返済する額
を超えることがあります。

そうしたときに未払い利息が発生します。

毎月の返済額を上回った分が未払い利息ですので、元金部分は減少しません。

それどころか未払い利息は次の返済期間に繰り延べされるのです。

つまり次の返済期間では未払い利息の分も支払わなければならなくなります。

未払い利息に「利息」はつきませんが、未払い利息から優先的に支払わなければなりませんので元金がなかなか減らないのです。

住宅ローンを組む際に変動金利型を勧める金融機関が多いのが実情です。

それは金融機関もリスクを減らしたいからです。

こうした実情を知ったうえで上手なローン選択をしてほしいものです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。