商工ローン選びは慎重に

数年前より商工ローンはあまりよい印象を一般の人に持たれていません。

確かに悪徳業者が存在するのは事実ですが、良心的な商工ローン会社もあることを知ってほしいと思っています。

商工ローン会社の存在がどれほど社会に役立っているか、お話したいと思います。

例えば、ある零細企業が「現在より更に成長したい」と考えている、とします。

その企業はまだ開業後間もなく実績が残せていないとします。

そういう企業の常として資金的にも余裕はありません。

ですので「借入をしてローンを組もう」と考えます。

しかし、そうしたとき普通の銀行は、中小零細企業を主な取引先とする信用金庫でさえ貸し出しに慎重になるものです。

そもそも企業は借金をしてローンを組んでまで成長を目指さなければならないのでしょうか。

答えは「イエス」です。

どんな大企業でさえ最初から資金があることはあり得ません。

みな最初は借金をしてローンを組んで開業するのです。

もし資金が貯まってから開業しようなどと考えている経営者はいつまでたっても開業できないでしょう。

ビジネスの世界はスピードが命です。

このようなビジネス界において銀行などが容易に貸してくれないときその需要を満たしてくれるのが商工ローンなのです。

商工ローンを慎重に選び、上手に活用することが企業を成長させる要因です。
タグ:商工ローン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。