住宅ローン「頭金ゼロ円より」は避けるべき

不動産会社のチラシ広告を見ていますと「頭金ゼロ円より」といった表示を見かけることがあります。

しかし私はあまり関心しません。

住宅ローンは超長期にわたり返済しなければならないものです。

そのローンを組むのに頭金が用意できないのはローンを組む資格が
ない、とさえ私は思っています。

人により月々の支払額の限度額は違って当然です。

一般的には収入の20%までと言われていますが、遊興費などにあまりお金を使わ
ない人が20%を越えていても問題がある、とは言えません。

しかし「頭金」はきちんと用意できていなければなりません。

「ローンの大半は頭金できまる」とさえ私は思っています。

ローンを払い続けるのに必要なのは日々の計画性です。つまり頭金を貯めることができる計画性があるか、どうかがローンを組む資格があるか、どうかにつながっていくのです。

不動産会社は家を販売するのが仕事ですからどんなローンであろうが契約をしようとするものです。

例えば、ある金融機関で断られても違う金融機関に依頼したりします。

条件さえ気にしなければローンは組めます。

しかし何度も言いますが、ローンは長期間返済するのが義務です。

その義務が果たせないならローンは単なる借金でしかありません。

あなたは住宅ローンに頭金が用意出来ますか?

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。