ローン手数料はバカに出来ません

住宅ローンを組むとき、ほとんどの人は金利を気にします。

当然ですね。

支払額に響いてきますから。

でも見落としてはいけないのが手数料です。

住宅ローンを借り入れるときに必要な手数料は、事務手数料、登録免許税、ローン保証料、また返済中にもいろいろな手数料がかかることがあります。

保証料はバカにできない費用なのです。

この中でローン保証料が最も大きな手数料です。

保証料は「返済ができなくなったときに保証会社が肩代わりをする」ための料金です。

金融機関によって違いますが、30年返済で借入額1000万円ごとに19万円、それ以外に手数料が3万円といった例もあります。

また違う金融機関では金利に上乗せしています。

保証料の有無は選ぶ際の重要なポイントです。

次に繰り上げ返済の際の手数料も大きなものです。

こちらも最近では「無料の金融機関」がありますので要チェックです。

因みに繰り上げ返済をしますとローン保証料は返ってきます。

以前、返還すべきローン保証料を返し忘れていた金融機関が報道されていましたが、損をしないように借り入れる側も覚えておきましょう。

固定金利型から変動金利型へ変更するときも手数料がかかりますのでこちらも注意する必要があります。

住宅購入には欠かせない住宅ローンですが、いろいろな面を考慮に入れて決めましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。