ローン金利入門

僕はキャッシングローンをたまに利用しているのですが、実は、僕は金利について漠然とはわかっていたつもりですが、本当はあまりよくわからなかったんです。

一応経済学部だったんですけど…。

今回勉強しましたので皆さんに役立てば幸いです。

一番単純に考えて、金利の計算方法がわからなかったんです。

調べましたら下記の計算式でした。

元金×年率÷365×日数=金利

これだと想像しにくいと思いますので具体的に使ってみましょう。

金利20%で10万円を30日間借りたなら…。

10万円×0.2÷365×30日=約1,643円

1,643円でした。

これが1年間だと約2万円になります。

やっぱりちょっと高いかな…。

でもキャッシングローンは僕にとって役に立つものだから必要です。

そこで僕は結論を出しました。
キャッシングローンは「短期間で返す」のが最もよい利用法です。

因みに「利子」と「利息」の違いが判明いたしました。

「利子」はお金を借りたときに増えるもので、「利息」はお金を預けたときに増えるものでした。

先ほど金利20%の例を出しましたが、現在はもっと低い金利のっキャッシングローンもたくさん出ていますのでよく調べてからどこでキャッシングローンを借りるか決めればいいと思います。

それにしてもローンの世界はよく調べなければいけませんね。
タグ:金利
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。