ローンを組む時の金利タイプの選択

銀行で住宅ローンを組む場合種類がたくさんあります。

どれを選択すればよいのか迷ってしまうほどですね。

さて、あなたはどれを選択しますか?

<固定金利型>

完済までの適用金利が決まっているローンです。

しかしもしかしたら将来、もっと金利が安くなる可能性もあります。

簡単には決められないものです。

実は、それは銀行も同様であまり勧めないはずです。

<変動金利型>

年に2回適用金利が変動するローンです。

短期や長期のプライムレートに連動して変動します。

こちらのタイプが現在最も選択されています。

<固定期間選択型>

3年、5年、10年など一定期間の適用金利が固定されるローンです。

一定期間が終了した時点でその後の金利タイプを選択します。

<上限金利設定型>

変動金利の中で適用金利の上限を設定しているローンです。

上限があるのは安心感がありますが、普通の<変動金利型>より若干金利が高めに設定されています。

<預金連動型>

預金残高に連動して金利が下がるローンです。

例えば預金額が増えると金利が下がるのはとてもうれしいものです。

もしマイ銀行を決めているなら有利なタイプです。

住宅ローンは長期間に渡る買い物と同じです。

将来後悔しないように慎重に選択しましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。