フラット35

マネー雑誌などで「フラット35」という住宅ローンを目にすることは多いと思います。

しかし、その意味や内容はよく理解されていないのではないでしょうか。

ここではより簡単にわかりやすく説明できれば、と思います。

「フラット35」を理解するきっかけにしてください。

フラット35は、ひと口で言うと公的機関である「住宅金融支援機構」が提供している安心できる住宅ローンです。

「安心できる」の意味は公的であることのほかに「長期固定金利」であることです。

変動金利が主流になっている民間ローンに比べ安心感があります。

これは住宅金融支援機構が民間金融機関から住宅ローンを買い取り、それを担保とする債権を発行することで実現しています。

現実的に民間金融機関で長期の固定金利を実現することはあまりにリスクが大きすぎ不可能なんですね。

最高8,000万円までのローンを組むことができますのでほとんどの方が利用範囲内のはずです。

また、保証料と繰上げ返済時の手数料がともに0円なのも魅力です。

ローンを組んだ経験がないと実感しないものですが、これらの手数料はバカにならない出費なんですよ。

加えて融資を受けられる建物は一定の技術水準に達した物件だけですので、買おうとしている物件の品質を証明する役目も果たすことになります。

これほど優れものの「フラット35」です。是非、ご検討されてはいかがでしょうか。

タグ:フラット35
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。