ノンリコースローン

通常の不動産ローンのことをリコースローンと言い、それに対してノンリコースローンがあります。

ノンリコースローンとはある意味安全安心なローンと言えます。

なぜなら債務者の返済義務が限られているからです。

返済義務が限られているローンほどうれしいローンはありません。

リコースローンは借主の収入などで返済能力を審査し、場合によっては連帯保証人などを求めます。

それに対してノンリコースローンの担保となるのは融資対象物件の収益性や将来の処分価値のみです。

こうしたローンを「非遡及型融資」と言います。仮に担保となる物件を競売で売却しても債務が残ったとしても一切返済義務は生じません。

日本ではまだ追加担保や個人保証を求めるリコースローンが一般的となています。

このように特殊なローンですのでローン会社は不動産の価値を正確に評価できる能力やリスクに対する判断力が求められています。

またリスクが高いローンですので高い金利となっているのが普通です。

ノンリコースローンを受けるために「特別目的会社」を設立するのが一般的です。

また、今後金融界の競争が激しくなるにつれノンリコースローンの割合は必ず増えるでしょう。

すでにアメリカではローンの主流となっています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。