サラ金

 
最近はあまり使われなくなりました「サラリーマン金融」という言葉。

略して「サラ金」と言っていました。

現在は「消費者金融」と言っています。

名前は変わっても内容は「キャッシングローン」です。つまり無担保でお金を貸してくれる金融商品です。

「サラ金」という表現は<高利>または<恐い取り立て>といった悪い印象を与えますが、「消費者金融」は<庶民の味方>といった印象があるのでしょうか。

実際、消費者金融はサラ金時代に比べ<借りやすく><低利>となってきました。

しかし、一部の業者に悪徳業者もいますので利用する消費者ローン業者が<安心かつ安全な業者>であるか、しっかりと見極める必要はあります。

「無担保ローン」ですから「住宅ローン」などより金利は高めになっていますが、ローン会社側のリスクを考えるならそうなってしまうのかとも思われます。

ローンの利用者はこうしたことを考えてうまく活用しましょう。

かつては銀行などは「手間がかかる割りに儲からない」「リスクを恐れる」あまり消費者ローンの世界に足を踏み入れませんでした。

最近になり少しずつ進出するようになってきました。

「安心安全な消費者ローンを利用したい」と思っている方は消費者ローン会社のうしろに控えている金融機関を参考にするのも選択法の一つです。
タグ:サラ金
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。